2013/02/05

立春

暦の上では、今日から春ですね~

この所暖かい日が続いているので、本当に春がやって来たように錯覚してしまいますが、

今週半ばから、また寒くなりそう…まだ2月だものね。

如月…きさらぎ…寒くてさらに重ね着する月だとか。

昨日は盛りだくさんの一日だったのです。

まず、富山県水墨美術館で開催されている、「山下清展」に出かけて来ました。

山下清と言うと、代表的な「長岡の花火」を思い浮かべます。

Img_5244

本物の貼り絵を見るのは初めてでしたが、

思っていたよりも、落ち着いた色合いで、

その素朴さにほのぼのとして、その繊細さに圧倒されました~

どれだけの時間をかけて作ったのでしょう。

作品の横に、山下清が手帳に書き留めておいたのか、実際に話したのか、

それぞれの作品に関連した言葉が書かれていて、

それが、とっても興味深いのです。

思わず顔がほころんでしまうような言葉たち…癒される感じです。

そして映画?ドラマ?化されている印象では、

ランニングに短パン、大きなリュックを背負って、線路を歩いているイメージ。

でも本当は浴衣だったそうで、

実際に来ていた浴衣やリュックも展示されていて、興味深かったです。

リュックの中には、必ず石ころを5個入れておいて、

犬に追われた時に投げるのですって。

道を歩くと迷ってしまうから、線路を歩くって。

そうやって放浪する山下清を、受け入れてくれるその頃の日本の優しさ…というか大らかさに、

なんだか誇りを感じました。

今ではきっと考えられないもの。

経済成長と言う名の下に、無くした物の大きさに思いを馳せます。



その後、N響コンサートへ。

オーケストラのコンサートは久しぶりです。

やっぱ弦楽器の響きはいいですね~

ショパンのピアノコンチェルト第一番~

春の宵を思わせるようなメロディに、ウットリ。

2曲目のブラームスの交響曲は、知らない曲だったので、

少々眠気が襲ってきましたが、圧倒的な管弦楽の響きと、

ちょっと小太りでちびっこな指揮者(コラコラ…)の、

豪快な、動きのある指揮振りを眺めて、面白かったし…

最後アンコールの、G線上のアリア~幸せなひと時でした。


で、最後は、ヒロコさんのお寺の節分会。

Img_5240 Img_5243


(画像がピンボケです)

ギリギリ、豆まきの時間に間に合いました~

急いで出てきたので、袋を忘れて、

かぶってきた帽子の中に、豆やミカンやお菓子を入れて来ました…

一口分いただいたお赤飯も美味しかったわ~

Img_5247


今年の蓬莱は、巳年のヘビ模様。

心や体の中のいろんな鬼は、出ていけ~

福よ我が家にやって来い~

今年も息災に過ごしたいものです。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブクログ

  • 10.7.12

最近のトラックバック

無料ブログはココログ