2016/05/15

能登は悲喜こもごも

本来の目的の三十三観音巡り。

今回は一泊で一気に8ヵ寺を廻る予定でした・・・が、

二日目の最後に伺った、穴水町にある「明泉寺」がお留守・・・

こちらはまた日を改めてお参りする事にしましょう。

まあ一番遠い、珠洲じゃなくて良かったと思う事に。

三番目にお参りした中能登町の二十一番札所「長楽寺

Img_9560


あららら・・・建物が無い・・・

なんと、2月に火事で焼失してしまったとの事。

観音様も灰と化してしまったのだそうです。

ぽかんとあいた空間を見つめて、無常という言葉が浮かびます。

ストーブの火の不始末が原因とかで、

住職さん、さぞかし苦しい思いをされたのではないかと・・・


観光地としても有名な十五番札所「総持寺祖院

Img_9566 Img_9565

能登沖の地震で大きなダメージを受けて、再建中です。

荘厳な作りの山門の右手、覆いがかかった場所は、

今はもぬけの殻・・・

これから三十五年ほどかけて修復するそうです~

その頃私たちは、生きているのだろうか・・・

そう考えると、毎日をもっと大切に、そして丁寧に過ごして行かねば・・・と思います。

・・・ってその時は心に刻んだつもりでしたが、

あれから二週間弱・・・結局何となく過ぎていく日々・・・う~ん。

完成した建物は、見られないかも知れませんが、

一枚¥1,000で、瓦を寄進させていただきました~



翌日にお参りした輪島の十六番札所「岩倉寺」は、

カーナビには載っていない道を通って山の上。

Img_9584 Img_9585


参道も森林浴をしながら、長い階段を登って、

あ~疲れたって思った所に、ちょうど湧き水が~至れり尽くせり~

Img_9586 Img_9587

そうしてやっと到着~

住職さんがいてくれて良かった~

敷地の端からは、こんな美しい眺めが~疲れも吹き飛びます~

・・・ってことはないか・・・



そして能登町の十七番札所「上日寺」へ。

Img_9594


こちらでは、息子さんの結婚式が終わった所に遭遇~

おめでたいけれど、ちょうどお片付けの真っ最中で、

忙しいのに、なんだか申し訳ない感じでのお参りでした。

帰って軸を開いたら、上日寺さんの御朱印、

慌てていて乾かないうちにティッシュを乗せてあって、

上手く取れない・・・

水をつけたりしながら、少しずつはがしていくしかないか・・・



Img_9615


そして残りはあと2ヵ寺~

満願を迎えたら、夫と二人の関係に、

変化の兆しがあるといいなあ~って思います。

2015/10/27

富山県 制覇~

先々週になりますが、半日ほど時間が出来たので、

三十三観音巡りの近場でまだお参りしていなかった、氷見方面へと出かけて来ました。

途中久々に雨晴海岸へ。

Img_9011

遠くにぼんやりと立山連峰が見えたのですが、

画像になると、ほとんど見えませんねえ・・・

まあでもとにかく気持ちの良い日でした。

高岡と氷見のちょうど間にある「国泰寺

こちらは虚無僧が集まるお寺さんとして有名です。

1_2 2_2

全体的に古ぶるしい雰囲気なのです。

そして禅寺ですので、静か・・・

以前gaeさんと一緒に座禅道場に訪れた時は、大勢の人出にぎわっていましたが、

何の行事も無い時は、し~んとしています。

修行僧もいないのかなあ。

次の氷見の上日寺へ向かう途中の道沿いのパン屋さん「ブレッド」にて、

美味しいパンをご購入~

Photo

そして「上日寺」へ。

こちらは大銀杏が有名なのです。

2_3 1_3

今ちょうどたくさんの実がなる季節。

あの独特の匂いがする中、階段を上った所にある観音堂にお参り。

Img_9028

そしてこれで、富山県の十一か寺を制覇~

残りは石川県だ~

ちょうどお昼になったので、氷見の番屋街へ。

のぞいて歩いていたら、氷見牛のお店に引っかかりました。

番屋街には何度か訪れていますが、中のお店で食べるのは初めてなのです。

牛屋、番屋街店。

1_4 5 3_2

氷見牛ステーキ丼をご注文。

美味しくいただきました~ご馳走様~

割とリーズナブルだったのですが、まあそのお値段なら仕方が無いかって量。

私にちょうどの量でしたから。

2_4

黒いソフトクリームは、チョコレート味でしたよ~

暑い日になったので、融ける前に食べるのが大変でした~

美味しかったよ~

ふふふふ。

2015/09/23

楽しみはあっという間

シルバーウィークも今日でおしまい・・・weep

マリーマリーの写仏体験が、なんだか遠い昔に思えます・・・happy02

今回は夫の休みが三日間だったので、これと言って予定を立てず、

ガーデニングをしたり、ごちゃごちゃになっていた趣味のあれこれを整理したり・・・と、

行き当たりばったりの休日を過ごしました。

こんな風に、予定を立てないのも、意外と悪くない・・・

徒然なるままに過ごした、記録を・・・

21日に、三十三観音巡り、小矢部の観音寺へお参りに行きました。

Img_8935


由緒のあるお寺さんです。

三重塔の周囲に、四国八十八か所の砂が埋められていて、

一周すると、八十八か所を巡ったご利益が授けられるそう。

嬉々として巡って参りました。

出かけたついでに、福光のお蕎麦を食べに足を延ばしたのですが、

開店前から大勢のお客さんが待っていて、

それを見ただけで、食べる気が失せてしまいまして、

近くにある中華料理屋「青龍」に、飛び込みで入りました。

Img_8938 Img_8939 Img_8940


これが、大当たり~happy01

手作りの餃子は、具がぎっしり詰まって、ぷくっとしていて、

口に入れるとジューシー~

レバニラ炒め、レバーを一度揚げてあり、臭みが少なくて、

ボリューム満点。

エビチャーハンのエビがプリップリ~

もう美味しくて、ついつい追加で水餃子もご注文しちゃいました~

Img_8942 Img_8943


あ~美味しかった~ご馳走様でした~調子に乗って食べ過ぎましたwobbly

そして栗の季節・・・

今年最初の渋皮煮を作りました

Img_8944

いつも煮過ぎてしまうので、今回はちょっと硬めに仕上げたら、

栗によっては、まだ硬すぎるものもあり、もう少し工夫が必要なようです。

でもそこそこ、美味しく出来上がりました。

ちびちびといただく事にしましょう。

今朝、庭のアサガオを見たら、ヘブンリーブルーの横に、

みさと印のブルースターが咲いているのを発見heart04

Img_8947 Img_8948

明日からのお仕事開始に、少々憂鬱な気持ちになっていたのですが、

なんだか元気になります・・・ちょっとだけ。

さあ、明日は早起きして、今週の残り二日間頑張ることにしましょう。

2015/08/07

福井12か寺制覇~二日目

ちょっと期間が開いてしまいましたが、

三十三観音巡りの福井編の二日目。

薄れつつある記憶を手繰りながら・・・まあ恐ろしいほどの記憶力低下です・・・

まずは宿泊していた敦賀の「金前寺」

こちらは特番と言って、三十三に入っていないのですが、何か特別なのかしら??

Photo

終戦の年の敦賀への空襲で、すべてが灰になり、

ちょうど新しいご本尊が奉納されたばかりとかで、

キレイなご本尊に拝観して参りました。



少し道を戻って三方五湖近くの、第七番「石観世音」へ。

目についた駐車場に停めて歩いたら、本堂まで急坂が結構続いていて、もうヘトヘト。

実はすぐ近くまで、車で上がれたのでした・・・

川のせせらぎを聞きながら、鬱蒼とした森の中を行く清涼な道だったのですけどね、

暑い中でしたので・・・

1 3 2

こちらは手足の病に霊験あらたかだとかで、

手と足の形をしたお守り?木札?を持ち帰り、

平癒したら、奉納するそうで、御堂にたくさんの奉納手足札がありました。

越前武生に移動して、第八番「帆山寺」

こちらは越前市の町中のお寺さんで、見つけるのに難儀しました。

住職さんが、ちょうどお出かけする所だったようで、

慌ただしくご朱印をいただいてきました。

・・・画像も無い・・・我ながら、だんだん適当になってきますねえ・・・

第九番「福通寺」

以前に一度お参りした事があるお寺さんです。

前回の時、お供えのお菓子をいただいた記憶が・・・

Photo_2

今回は、ちょうどお昼時にあたってしまったので、

やっぱりそそくさとお参りをして、ご朱印をいただきました。

大変失礼いたしました。

福井市郊外に移って、第十番「大安寺」

Photo_3

玄関を入ると、達磨さんが睨みをきかせています。

広い禅寺で、大講堂もあります。

途中の回廊では、トカゲがちょろちょろしていて、野趣あふれる感じです。

大きなお寺さんなので、ご住職が留守でも、留守番の方がご朱印を書いてくださる・・・

う~ん、いいのやらどうなのやら・・・達筆ですが。




そして福井の最後、第十一番「瀧谷寺(たきだんじ)」

海の近くの三国町です。


4 5

三門・・・と思ったら二階に鐘楼があり、風情がある入口です。

本堂の天井には、美しい花々が描かれていて、優雅な佇まい。

素敵なお寺さんでした。

東西に長い福井県、二日間で12か寺、

のんびり廻れた様な・・・でも最後は少々お疲れ気味になりました。

巡礼本に、お参りしている間に、様々な気持ちの変化があるでしょうが、

観音様の計らいなのだから、有りがたく受け入れて・・・と書いてありました。

夫と二人、このままで大丈夫なのかしら・・って思う事もシバシバですが、

お互いに有りがたく受けれて・・・ですなcoldsweats01

2015/07/20

福井12ヵ寺制覇~一日目

連休の18~19で、北陸三十三観音巡りに出かけて来ました。

富山からだと一番遠くなる福井へ。

日帰りで行けないことは無いのですが、

どう考えても、福井のお寺さん全てを巡るのは無理なので、

今回は敦賀に宿泊して、お参りしてきました。

Photo

北陸三十三観音は、各県11ヵ寺あるのですが、

特番というお寺さんがありまして、そこを合わせて12ヵ寺です。

こんな風に軸の御朱印が埋まって来ると、

ちょっと達成感がありますねえ。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

18日は、台風の進路が、福井方面に向かっていたので、

少々心配していましたが、朝出発した時は、少し雨模様でしたが、

高速を突っ走り、大飯原発の近く、第一番札所の「中山寺」に着くと、雨は上がって、

それほど蒸し暑くもなく、ちょうど気持ち良いお天気に。

1 3 4


若狭富士と呼ばれる青葉山の中腹にあり、

海が見下ろせる絶好のロケーションに、ひっそりと佇んでいます。

秘仏ですので、馬頭観音様は見られませんでしたが、

山門の中でにらみをきかす、仁王様が、カッコいい~

3_2 2


第二番「馬居寺」

こちらも山の中腹にありまして、お寺に着く間に、何匹もの猿に出会いました。

のどかだけど、ちょっと怖い。

観音堂は急な山道を登った先にあります。

住職の奥様の、のんびりとした対応に、心が緩みます。

こちらの本尊も馬頭観音様ですが、秘仏のため拝観は出来ませんでした。

帰りに末広がりの石を踏んで、運与開け~

2_2 3_3


小浜に入って、第三番札所「妙楽寺」

こちらのお寺は拝観料を支払いますので、

ご本尊の十一面千手観音様を、間近で拝観できます。

ホントに千本の手があるんですよ~

人々の全ての苦しみ願いに、手を差し伸べてくれる・・・ありがたい事です。

6_2


第四番札所「高成寺」

こちらのご本尊、十一面千手観音様も、秘仏の為拝観出来ず・・・

奥様とのお話の中で、本来は三十三年に一度の御開帳ですが、

小浜の観光戦略?で、ここ数年春と秋に、ご開帳しているとか。

観光バスで回ってくれるそうですので、そんな時に出かけるといいのかも。

まあご縁があれば。

こちらは禅宗のお寺さんで、全体に凛とした雰囲気がありましたねえ。

Photo_2


第五番札所「羽賀寺」

こちらの本堂の屋根の作りが美しいこと!!

拝観料をし払って、ご本尊の十一面観音様を拝観しました。

ほんのり笑ったような優しいお顔で、右手が異常に長いのです。

その右手で、広くみんなの願いや悲しみを引き受けてくれるのだとか。

奥さんの滑らかな解説に聴きほれつつ、

今後の自分の行くべき道を思います。

2_3 1_2

第六番札所「天徳寺」

こちらは「瓜割の滝」という名所にもなっていて、

水しぶきが気持ち良い場所に、ひっそりと立っています。

蒸し暑い梅雨の季節には、極楽のような場所でしたよ~

ご本尊の馬頭観音様は、秘仏の為拝観出来ず。

でも建物の外から手を合わせて、気持ちを落ち着ける事が大切なんですよね。

自分に向き合うっていう感じです。

バッタバタの日常の中では、それが出来ませんものね。

でも、そうやって自分の心と向き合うと、

かえって心の迷いは深まるばかり・・・トホホです。

翌日へつづく・・・

2015/05/09

2015GW~まずは観音巡り

気が付けばもう5月も3分の1が過ぎようとしています。

心待ちにしていたGWは、嵐のようにあっという間に過ぎていき、

たまった仕事の山を前に、ため息つきつつ、

少しずつ日常に戻していかなければ・・・

そして、楽しかったあれこれを、記しておくことにしましょう。



まずは4月29日に夫と観音霊場巡りへ。

第三十一番 正源寺

Photo_2 2


常願寺川の水害から民を守るために建てられたそう。

本堂の天井に描かれた龍の下で手をたたくと、

独特の響きが聞こえる鳴き龍があります。

日光東照宮の鳴き龍とは、一風変わった趣があります。


第二十九番 常楽寺

Photo_3


こちらは長い階段をせっせと登って、

やっとたどり着いた観音堂です。

実はここで、今年初めてウグイスの鳴き声を聞いた私。

ホッと一息ついて、忙しさに振り回されている日々を思います。

なんだかなあ・・・

ここでちょうどお昼になったので、

すぐ近くにある千里山荘でランチ。

5 3
古民家を移築した趣のある建物の中で、

ステーキランチをいただきました~

柔らかくて美味しいお肉、美味しい~たまった疲れが少しだけ和らぎます。





第二十八番 千光寺

2_2 1_2


こちらは、もう何度もお参りしていますが、

いつ来ても気持ちが落ち着く場所です。

もう少し後に、近くの頼成の森で、花菖蒲祭りがあるので、

また訪れるかも知れません。




第二十七番 安吾寺

2_3


こちらの観音堂も、古びてとても趣のある建物です。

もう少し早ければ、境内の枝垂桜が見られたのですが、

残念、もうすっかり葉桜になっていました。



今日は一日で四ヵ寺廻れました。

Img_8385


少しずつたまっていく御朱印を眺めて、次への意欲がまた湧いてきます。

子育てが終わって、次のステップへの気持ちの切り替えのためと思って、

夫とお参りしているのですが、

二人の思いは微妙にズレているような気がしてきています。

まだ始めたばかりですので、結願する頃には、

また今とは違った二人の関係が出来ているかも・・・と思ったり。

ゆっくり回っていくことにしましょう。








2015/03/25

発心

今日は次男の卒業式bell

3歳で幼稚園に入学してから、19年の学生生活を卒業し、

4月から社会へと船出していきます。

年度末の忙しい時期で、遠い場所での卒業式には列席出来ませんでしたが、

きっと晴れ晴れしい気持ちで、この日を迎えた事でしょう。

二人の子ども達それぞれに、

親として何かしてあげられたかは分かりませんが、

私たちは、親となって様々な事で、楽しませてもらったし、

一緒に成長させてもらいました。

ありがとうと伝えたい。

そして私たち夫婦もまた、新しい一歩を踏み出す時期に来たのかなあと、

少し前から思っていました。

そして記念に・・・というか、気持ちに区切りをつけるために、

これからも二人仲良く過ごして行けることを願って、

北陸三十三観音巡りをする事にしました。

観音巡りは、数年前から観光がてらにお参りして御朱印をいただいて・・・と、

実は半分くらいはお参りしてしまっています。

で、今回は、新たな気持ちでと思って、軸に御朱印をいただいて、

再度三十三か所を巡る事にしました。

全て巡り終えたら、表装して、家宝に~happy01

Photo

そして先週の日曜日に、初のお参りへ。

一番札所は福井なのですが、こちらは泊りで出かける事にしているので、

最後の宇奈月町から巡ります。

・・・ところが、一番東にある三十三番「法福寺」は、住職がお留守で御朱印をもらえず、

次回以降にお預けwobbly

三十二番「十三寺」(じゅうそうじ)

入善町にあるこじんまりとしたお寺さんです。


2 1

ご本尊は秘仏なので、見ることは出来ませんでしたが、

写真が飾ってあり、木造の千手観音さま、鎌倉時代のものだそう。

素朴でふくふくとしたお顔をされていました。

同じ場所に木造の狛犬も安置されていて、やはり伝鎌倉時代のもの。

神仏習合ですかねえ・・・不思議な空間でもありました。

Img_8241

法福寺で予定が狂ってしまったので、富山でもう一か寺行くことにして、

その前に腹ごしらえは、高速道路の有磯海サービスエリアでパスタ定食。

シロエビと春キャベツのパスタで、春らしくて、そこそこ美味しかったですよ。

ついでに途中の滑川の道の駅へも立ち寄ってみました。

Photo_2 Img_8250


外灯の形が・・・解禁になったホタルイカ~

そこで花豆を見つけて、きゃ~久々~これは買うっきゃない~flair

家に帰って早速煮豆に。

実は原産地中国でしたが、そこそこ美味しく出来ました。

・・・と話がそれましたが、富山市の海の近くのお寺、

三十番「海禅寺」へ。

3 2_2 1_2

こちらも本尊の聖観音像は、秘仏で見られませんでした。

遠くの方に海鳥の鳴き声を聞きながら、

ご住職と奥さんのお二人と、のんびりとお話が出来ましたよ~

今回はここまで。

こんな調子では、最後まで巡るにはどれほどかかるやら・・・

まあでも楽しみながら巡る事にしましょう。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブクログ

  • 10.7.12

最近のトラックバック

無料ブログはココログ